製造工程

弊社の看板商品、クロレラ飲料が

​できるまでをご紹介します。

前処理

クロレラ・水溶性食物繊維
などの原料を計量し、
クロレラ飲料の素になるものを調整、殺菌します。
細かい値まできちんと計測
することで、一定の品質を
​保っています。

仕込み

大きなタンクに殺菌水、
前処理で調整した原料、
​乳酸菌を入れてよく
混ぜ合わせます。
このタンクは最大19,000本
のグリーンキュービックを
​貯蔵することができます。

洗瓶作業

販売店から返ってきた
ガラス瓶を大きな洗瓶機で
きれいに洗い​殺菌します。
瓶は60℃のアルカリ洗剤に
浸けられるなど、何工程もの
​ステップを経て、時間をかけて丁寧に洗われていきます。

​検瓶作業

きれいになったガラス瓶に
光を当て、割れやヒビ、
汚れの残りを​二人体制で
一本一本丁寧に検査します。

瓶詰め

クロレラ飲料をガラス瓶に
充填します。​充填後すぐに
キャップを打栓します。
充填機と打栓機がくっついて
いるのは、充填した飲料が
外気に触れる時間を短く
​するためです。

完成

賞味期限の刻印をして、
フィルムを巻き、製品が完成
します。
完成した製品は箱詰めした後、​冷蔵庫の中で出荷を待ちます。
 

© 2018-2019 Green-cubic, Inc. All Rights Reserved